井戸ポンプの水のトラブルは交換修理が必要になることも

井戸から水をくみ上げて生活用水として使っている場合、井戸ポンプを使うのが一般的です。車を洗うときや庭のガーデニング、畑仕事にも必要な水を井戸からポンプで組み上げるのに突然水のトラブルに見舞われると困ってしまいます。

■井戸ポンプによくある水のトラブル

以前に比べてモーターの音が大きくなったり、水を使っていないはずなのにモーターが勝手に動いたりしていないでしょうか。水が出ないトラブルもあれば、水の量が減った、水漏れが起きているなどのトラブルもあります。もしも水の量が減っていることに気づいたときは、砂が詰まっている可能性が高いので、砂を取り除くことで解決できます。


■井戸ポンプトラブルの原因で考えられること

やはりポンプとして使う部品の老朽化が考えられます。羽根車や圧力のスイッチ、場合によってはモーターにトラブルが起きている可能性もあるため、部品の修理だけでなく交換も必要になるでしょう。
自力で直すのは困難なため、専門の水道工事業者に依頼することをおすすめします。ちなみに気温が低くなると水が氷るために井戸の水が出ないこともありますので、この場合は修理や交換は必要ありません。


■まとめ
井戸ポンプの水のトラブルはできるだけ早めに修理や交換を依頼する必要があります。どのメーカーのポンプなのかが分かれば、同じものを用意してもらうことも出来ますし、業者によってはポンプを交換した際の古いポンプを引き取って処分してもらえることもあります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ