工事が必要な水のトラブルの責任は誰にあるのか

集合住宅で暮らしている場合、水のトラブルに見舞われると自分に原因があるのか、それとも他の部屋でトラブルが起きているのか分からず慌ててしまいます。まずは集合住宅で考えられる水漏れの原因を確認することが大切です。

■集合住宅で起こる水のトラブルの原因

考えられるのは建物そのものが古くなっていることです。建物が古いということは、それに伴って水回り関係の管などが痛んでいる可能性があります。管そのものにヒビがあったり、管と管のつなぎ目が傷んでいることも考えられます。建物が古くない場合、地震のように小さな衝撃が積み重なって工事が必要になるほどの水のトラブルが生じることもあります。


■水のトラブルの責任は誰になるのか

もしも集合住宅の共有する部分なら責任は管理組合や管理人にありますし、それぞれ専有している部分なら責任は住人にあると考えるのが一般的です。もちろん、老朽化などが原因なら建物を管理する側にあります。共有する部分と専有する部分の境目がよくわからない場合は、管理規定がどうなっているのかこの機会に調べておくことをおすすめします。



■まとめ
水のトラブルがどこで起きたのかによって、工事したときの工事費は誰が払うのかが決まります。自分はまったく関係ないのに請求されてしまったということのないように、専有スペースと共用スペースがどこなのか確認しておいてください。水漏れの原因が何かによって責任の所在が変わることも頭の片隅におきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ